広報担当ミャアミャア

以前、猫鍋が話題になりましたが、こちらは猫臼です。


天気が良くて暖かな休日には、だるまや食堂店頭に置かれた臼に入ることがあります。


外で気持ち良さそうに伸びるミャアミャア君。


夏風邪を引いたミャアミャア君。しんどそうです。


顔をうずめて熟睡中。


別の角度から。

ミャアミャア君の生い立ち

どこで生まれたかは不明。2010年春、子猫のころ、だるまや食堂裏口で、エサをもらえるまで待機するようになる。

その年の夏、近所の野良猫と喧嘩して負傷。足が化膿していたので、動物病院に連れて行き治療してもらう。傷が治るまで家の中で安静にさせる。そのまま家に住み着いてしまい現在に至る。

エサはほぼ、小袋パックで値段の高いシーバデュオシリーズしか食べないので食費がかさむ。またたび粉末好き。缶詰はなぜか食べない。新鮮で湿っていない煮干し、開封したてのドライフードはかろうじて食べる。

以前は、近所への徒歩での出前に付いていくことがあったが、最近は興味がないらしい。喧嘩は弱く、しょっちゅう野良猫にやられる。人間とじゃれる時、本気で猫パンチを繰り出すので注意が必要。

このページの先頭へ